2013年4月13日土曜日

おんぞ祭

まさに晴れの日。

三ヶ日にある初生衣神社のおんぞ祭。
今年もお伊勢さんに奉献する神御衣の完成を祝う。

三遠南信と伊勢を結ぶ絹の道。
その重要な拠点の一つがこの神社であり、ここが遠州の織物産業、そしてそこから生まれた輸送機産業の源流でもある地。

1年に一度、ここで顔を合わせて挨拶を交わす人もたくさんできた。
みんなそれぞれに違う暮らしをしていながら、晴れのこの日に集まってくるのは同じ想いを持っているからこそ。
偶然とは思えない巡り合わせ、まさに神がかりとも思えるような事が、この神社を訪ねるようになって自分の身辺に幾多となく起こっている。

今日もここに来る途中で…

日々豊かな気持ちで過ごせていることへの感謝の意をそれぞれに表すのがお祭り。
澄み切った春の青空のように、気持ちも晴れ晴れ。

コメントを投稿